まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】

アクセスカウンタ

zoom RSS うまうまノート

<<   作成日時 : 2006/10/19 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

室井滋さんは、大好きな女優さんであります。
それから、おもしろいエッセイを書かれるのでそちらの面でも尊敬しております。
というわけで、室井滋さんの本は我が家に何冊かあります。

そもそも、私よりもカミさんのほうが大の“室井滋ファン”で同じ富山県出身ということで「尊敬している同県人の先輩」と呼んでおります。

「室井滋さんのエッセイはおもしろい!」ということは、同じスポクラの“ビッグ3”のお一人であるI塚さんも仰っておりました。某水泳大会の打ち上げの飲み会のとき、そう語っておられたので、私は「おっ、I塚さん、わかってらっしゃる!」と嬉しくなったものでした。

で、今回ご紹介する『うまうまノート』は、室井滋さんがたくさんの“美味しいモノ”を綴ったノートから抜粋したものを本にしたそうです。

画像


「立ち読みは、よだれに注意!」の帯が笑わせます。

「食べ物に対して霊感が働く」と嘯(うそぶ)く芸能界きっての“食いしん坊女優”ムロイが出会うべくして出会った「うまうま」なモノたちをあなたのココロとオナカにデリバリー。と紹介された食欲全開、垂涎エッセイ!と紹介されてあります(笑)。

文章はもちろんのことイラスト・写真とも室井滋さんが担当しており、全ページカラー刷りのとても読みやすい本です。何と言っても、オモシロおかしく書いてあるのが楽しいです。

画像


ホントにたくさんの、いろんな美味しそうなものが紹介されている本で、確かに読んでいるうちにお腹が空いてきます。
我がスポクラ一番を自負する(?)“食いしん坊バンザイ”みえさんにも是非読んでもらいたい本です。

ただ、この本を私が購入したのは3年前なので、その当時と内容が変わっている点があるかもしれません。その点はご容赦を。

私がいつもお世話になっている「大戸屋」も出てきます。

我々が食すことができないであろう「ロケ弁当」の紹介もあります。

あ、そうだ。昨日、拙ブログで紹介した富山のお酒「満寿泉」も以下のように文章で登場します。

“鰤(ぶり)や、甘エビ、矢ガラ、鱈子漬けにバイ貝の富山湾のイキイキお刺身をつまみに、岩瀬の大吟醸・満寿泉をキューとあおり、昔に遡って思い起こす。”

富山県についても、懇切丁寧に(笑)、ちゃんと注釈入りで紹介されています。なかなかサービスが行き届いていますよ、この本。

“富山県の場所を知らない人が意外に多いんでアピールします。能登半島の右下です。富山米は「特A」ランクだし、リンゴや梨、西瓜や里いもも旨いよ。氷見うどん、ます寿司、大門素麺、利賀清流素麺、清酒銀盤、清酒銀嶺立山なんかも一度お試しあれ。”

この項の中に紹介されているという、富山県(たぶん魚津市)の某食堂店(←本ではちゃんと店名が書いてあります)のラーメンが実に美味しそうなので、いつの日か食べてみたいと思っています。

そうそう、「富山のお酒」と「富山料理」は東京でも楽しめるよ、とこの本の中で紹介されてあります(↓)。ぜひ訪ねてみてください。

『五万石 東京店』 (東京都渋谷区千駄ヶ谷1-31-11エクレール千駄ヶ谷2F)

私はまだ行ったことありませんが。


食欲の秋、ということでこの本のことを思い出したんで紹介させていただきました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
“芸能界二大滋”といえば、 室井滋と矢崎滋か。
神経質な矢崎滋から、30過ぎて子育て中なのに少女を漂わす「ともさかりえ」になって良かったのは“白鶴○のTVCF”。
「ともさか」が10月中出演しているらしいゆるナビ(NHK第一)』。画面に漂う“ゆるぅーい感じ”が、いかにも「ともさか」。結局、最後まで見ちゃった。ちょっと惚れたかな?

あ、富山といえば、ワハハの柴田理恵もそー。前に『ポチタマ・まさお君の旅・富山編』で、柴犬か雑種(最近はミックスとか言うらしい)がいる家を訪ねたら、そこは柴田の家(なぜか本人がいた)。※ポチタマのMCは柴田だし。
話戻って、室井滋はTVで時々富山の「ナンタラ音頭」を踊るよね。これって、どこかの学校の応援振り付けじゃないだろな。


toki
2006/10/20 07:36
“ゆるなび”って何かイイですよね。
な〜んとなく、イイです。
「ともさかりえ」の“ゆるなび”も。

室井滋さんは魚津の人なんで「ほたるいか音頭」を踊ります(笑)。「ほたるいかミュージアム」では“ほたるいか君”の声をやっています。
柴田理恵さんは八尾のご出身ですね。
ともに富山県のお二人は、立川志の輔さんの落語「越中座」にサプライズ飛び入り出演したんだそうです。
まこっちゃん
2006/10/20 07:45
ほほほー、そうだったんですか。今度柴田さんとお会いしたら、八尾の話でもりあがります。(嘘。全く知人でもありません)
室井さんは、現在放映中の「14歳の母」?でした? のキリちゃんの母親役やってますが、これがまた上手いですねー。ステレオタイプの母親を見事に演じています。冷たさがまた実に上手く表現されてます。本当によい女優になられました。もう、映画やドラマになくてはならない俳優ですね。
そうそう、神岡鉄道の撮影で行っていたとき、市内の旅館が満員で(鉄チャンで)南のスキー場のロッジに泊まったのですが、何故かそこの壁にはたくさんのおわらの写真ばかり。さては主人は八尾出身か? 思いきや、常客から贈られた写真だったのでした。こんな処にも八尾好きはいる。
げげににここ
2006/12/03 01:00
室井さんも、柴田さんも、志の輔さんも「富山をみんなに知ってもらいたい」ということで富山普及にお力を注いでおられますね。
私、お三方とも大好きな芸能人さんであります。
まこっちゃん
2006/12/05 10:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンク 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
うまうまノート まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる