まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉宗

<<   作成日時 : 2015/07/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに「銀座」に行ってきました。

銀座と言っても「東中野銀座」や「戸越銀座」などといったローカル色のかなり漂う一連の模擬銀座ではなく、本物の(?)中央区にある銀座です。

そうです! 銀座三越デパートのある、その銀座です。よく御存知ですね。

何故に銀座に行ってきたかというと、現在右腕骨折負傷中の嫁はんが、
「LE●POURT●AC(通称:レスポ)の銀座店限定発売のトートバッグが欲しい。だけども人混みの中を歩きたくないのレスポ〜〜」
などと言うものですから、この私が代わりに行って買ってきた、と、まぁ、こういう訳でござんす。

いかに人混みの街中を避けたいとはいえ、女性ばかりで埋め尽くしているであろうバッグ売り場に、もはや初老ともいうべきオッサンが独りで代わりに買い物に行ってあげるなんて、あぁ、オレは何て心根の優しい男なのだろう。
あまりの度量の広さに、こうやって書いていて自分でも照れくさくなっちゃうよ…。

L●SPOUR●SACの、銀座店の、限定品という割にはお値段が安くてビックリしました(笑)
まぁ、だから、嫁はんは実際の品も見ずに買う気になったんでしょうけど。

代行の買い物も済ませ、すっかりお腹が減った私は、せっかく銀座まで来たのだから、ということで、『ぎんざ吉宗』に入りました。

画像


郷土の長崎料理のお店です。

『吉宗』の本店は、もちろん九州の長崎市にあります。
地元では有名な昔からのお馴染みの名店であります。

吉宗は、「よしむね」とは読みません。
読みたくなるかもしれませんけど、そうは読みません。
「よっそう」と読みます。

したがって、
「おやっ、『吉宗(よしむね)』っていうお店があるぞ!」
「おバカさんね、あれは『よっそう』って読むのよ」
「あっ、そう」
などと言う道歩くアベックの会話がよく聞かれます。

画像


本当はこの日、「長崎ちゃんぽん」を私は食べたかったのですけれども、残念ながらその日の分は既に完売してしまったそうなので、「長崎皿うどん」を注文しました。

画像


「皿うどん」にも二つの種類がありまして、油で揚げたパリパリの細麺のものと炒めた柔らかめの太麺のものがあります。

今回は、太麺のものにしてみました。

画像


美味しかったです! さすが『吉宗』さんです! ごっそーさん、です。

ということで、今回は銀座の『吉宗』で「長崎皿うどん」を食べたというお話をさせていただきました。

ちなみに、ちょっと豆知識としてお伝えしておきますが、長崎市には「銅座」という地名の町があります。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンク 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
吉宗 まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる