まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】

アクセスカウンタ

zoom RSS 笑門来福 2015

<<   作成日時 : 2015/01/07 19:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

いちおう松も明けるというので…。


実は昨年暮れの12月24日、いわゆるクリスマス・イヴの日に私の母親が永眠いたしました。


どうしても済まさねばならない仕事がありましたので、26日の夕刻に長崎に向かいました。
世間は帰省ラッシュの期間のため飛行機の切符は取れませんでしたので新幹線〜在来線を使って帰省しました。いささか疲れました。

長崎の実家に着いた時は午前0時を過ぎていて日付は27日になっており、とっくに告別式は終わっていて母はもうすっかり小さくなっていました。
母の遺影と対面しても何だか実感が沸かずにおりましたが、しばらく経ってからじわりじわりと「母はもうこの世には居ないのだなぁ」という思いが込み上げてきました。


私の母が亡くなった事により、私もカミさんもそれぞれの両親が居なくなってしまいました。

まぁ、あれです。親が居なくなることは本当に悲しくてツラいものです。

ですけれども、誰しもがそれを経験します。それが人生です。
ここで凹たれていたら、大変苦しい思いをしてまで命懸けで私のことを産んでくれた母親に対して申し訳が立たぬ!


家族や友人やそんな大切な人を失って、命について考えさせられるそのたびに思うことがあります。

徹底的に「優しい」人になりたい。

そして、そのためには揺るぎない「強さ」も持ち合わせなければなりません。


人生いろいろありますが、お互いに元気を出してゆきましょう!


ということで、今年もテーマは相変わらず「笑う門には福来たる!」です。


今年もよろしくお願い申し上げます。


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
心よりお悔やみ申し上げます。
仕事があった…飛行機の切符が取れなかった…本当に辛い想いをしたと思います。
記事を読んでいるだけで、まるで高倉健さんが出て来そうな、映画のワンシーンに思えます。あなたは本当に強くて優しい、男の中の男ですよ!
頑張って悲しみを乗り越えて下さい!
マグロ屋
2015/01/08 15:30
この度はお悔やみ申し上げます。
お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。お疲れが出ませんように…
おけいはん
2015/01/08 22:01
マグロ屋さん

どうもありがとうございます。
あたたかいお言葉、胸に沁みます。

大スター高倉健さん登場でとても照れまくっております(笑)

母親との最後の別れ、通夜も葬儀も出られなかった事が今後どのように自分の心に関ってくるのか本当のところ分かりませんが…。 元気を出してやってゆきたいと思います。

マグロ屋さんから激励のお言葉いただきましたので、こりゃあ水泳がんばってハッスルしなきゃあ!
本当にどうもありがとうございます。
まこっちゃん
2015/01/09 07:35
おけいはん

どうもありがとうございます。
おけいはんの優しいお心遣いに感謝感激です。

スポーツクラブで元気にハッスルします。
今後ともよろしくお願いいたします。
まこっちゃん
2015/01/09 07:39
まこっちゃん、辛かったですね。そんな状況ではワアワア泣いていませんね?がまんしてはいけません。
お母さんの写真を持って、海か空が見渡せる景色の良い所へ行きましょう。そこで思いきり慟哭しましょう。一刻も早く、ショックと後悔で固まっている心を、開放しなくてはいけませんよ。 私は去年夏兄が亡くなったときに、ベランダに寝ころんで空を見上げて思い切り泣きました。
まこと
2015/01/09 19:06
・・そうだったのですね、年末。

こちらも喪中が半分過ぎた所です。

繰り返される毎日に
薄れる記憶、よみがえる想い出。

不思議と笑っていた時の事を多く思い出してー

気が付くと自身も信じられない年齢になっているから、、

元気に。

元気で!

たろ
2015/01/10 18:47
まこっちゃんへ

お母様の事、お悔やみ申し上げます。

私は、母の葬儀の挨拶状やお返しの中に入れたのですが、CDをコピーして作りました。かぐや姫物語のいのちの記憶と竹内まりやのいのちの歌を入れたんです。私流のお返しをお菓子と共につけました。

ハナミズキの花言葉は、返礼でもあったので、ハナミズキの写真を使ってCDジャケットにしてお礼の言葉を添えたりしました。
いつかは、この星にさよならするひがくる♫

負けずにがんばりましょうね〜
ハナミズキ
2015/01/11 15:17
まことさん

どうもありがとうございます。

みなさん、それぞれがやはりこれまでに本当にツラい経験をされてきているのですね。
お兄さん、まだお若いのに亡くなられて、まことさんもとてもお辛かったことでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。

良いドラマや良い音楽や素晴らしいスポーツの感動する場面にはすっかり涙もろくなったのに、母の死には「泣かなかった自分」に、どういうこっちゃねん?と思ってたりします。

まこっちゃん
2015/01/11 17:11
たろさん

コメントいただき、どうもありがとうございます。

そうなんです。ふとふと気付けば自分自身がそういう年齢になってしまっていました。
時はどんどん過ぎてゆきます。

お互い元気で過ごしましょう!

まこっちゃん
2015/01/11 17:14
ハナミズキさん

どうもありがとうございます。

好きな音楽をお供にお母様を送られましたね。
ステキじゃないですか!

もしも、私だったら母に何を添えただろう?

おかんのお棺に・・・(笑)

はい! 頑張りま〜す!
ありがとうございます。

まこっちゃん
2015/01/11 17:21
まだ、私は、亡くなった時の母の顔が脳裏に焼きついています。そして、焼かれた後の母のそのままの姿も…

私も優しい人でありたいと思う。
ハナミズキ
2015/01/12 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンク 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
笑門来福 2015 まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる