まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】

アクセスカウンタ

zoom RSS 1st Chiba Challenge Cup

<<   作成日時 : 2014/09/17 19:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

9月15日(月・祝)は、水泳大会に出場参加してきました。

『Chiba Challenge Cup』、略してCCC。

画像


会場は、お馴染みの千葉県国際総合水泳場(通称:千葉国プール)でした。

長水路(50mプール)の水泳大会です。

我らがヒーロー・仙人さんさえもが一目置いているという“平泳ぎの申し子”K森さんが発起人となって、今年初めて開催された記念すべき“第1回目”の水泳大会です(『1st Chiba Challenge Cup』)。
K森さんは、チーム・Fッキー総裁のまるきみさんとも縁の深い御方であります。
もちろん私も尊敬しておりますし、大好きなマスターズ名選手のうちのお一人です。

画像


我がチームからは14名が参加しました。
(男子が7名、女子が7名の、ちょうど「ハーフ&ハーフ」でした。)

みなさん、どうもお疲れ様でした。

画像


     ▲参加賞のポカリスエットとクリアファイル


なかなか、どの人も一番良い時のタイムを出すことができず苦しんでいる我が水泳チームの中で、ただ一人気を吐いたのがRドンさんでした。
Rドンさんはこの日、個人競技を2本、リレーを1本、合わせて3本の競技を泳ぎました。
これにワンポイント・レッスンを含めると4本も泳いだことになります(笑)
このうち、また自己ベストが出た種目もあって実に波に乗っています。
個人競技の2本は、いずれも3位内の入賞を果たし表彰を受けました。

Rドンさん、どうもおめでとうございます!

画像



カミさんは『50m背泳ぎ』を泳ぎました。

「手動計測ではない、ちゃんとしたゴール・タッチ板のあるプールで是非とも背泳ぎを泳いでみたい」
という願望があって、わざわざ珍しい背泳ぎを選んでエントリーしました。

だけど…。

タイムが出ませんでした。


わはははーーーッ!(笑)


私はバイリンギャルI塚さんと一緒にプールサイドで見ていたのですが、前に人が立っていたのでカミさんのゴールするところをきちんと確認することができませんでした。

ま、そろそろタイムが表示されるだろうと思い大型電光掲示板を見つめていたのですが、なかなかカミさんの数字が出てきません。

「えっ、まさか、ゴールまであと数センチ残した所で“途中棄権”したの!?」
と、一瞬私は顔が青ざめましたが(←たぶん)、どうやら、ゴールタッチした時に力が弱かったらしく、いわゆるソフト・タッチのため機械が反応しなかったらしいです。

ですので、カミさんのタイムは計時係の人が(念のために)手動で測ったタイムが採用されました。

画像



わはははーーーッ!(笑)

「タッチ板のあるプールで背泳ぎを測ってもらいたい」と願って、この日背泳ぎを泳いだカミさんは結局(一人だけ)手動のタイムでした。


でも、そんな中で年齢区分の第3位でした(笑)

画像


   
あと、カミさんは『200m女子フリーリレー』を泳ぎました。

珍しく第4泳者(つまりアンカー)を務めました。

それまでトップを守ってリードしていた我が女子チームでしたが、隣も、そしてその隣もどんどん追い上げて来ました。

「あぁ、抜かれる!」

あと25mも残しているところで私は覚悟をしました。

これまた、プールサイドで一緒に見ていたバイリンギャルI塚さんが、
「いや、けっこう粘ってるよ! このままギリギリ行けるかも!」
と言いました。

あら、確かに意外にも粘ってるじゃないですか?(笑)

25m地点ではあっさりと、しかも2人もの人たちに抜かれると覚悟しましたが…。

3頭、いや、3人揃うようになだれこんでゴールしました。

おっ! ギリギリに逃げ切ってカミさん1着でゴールできたかも!

ぱっと大型電光掲示板を見たら、我が女子チームのところには非情にも「2」の数字が出ました。

惜敗の2着でした。

私は大急ぎでプールサイドの机に置いてある大会プログラムを見ましたらば、1着のチームとは年齢区分が異なっていたのが確認できました。

「この組の、年齢区分では1着だったのね」

あくまでも、“この組”では、ですけど(以下略)

アンカーのカミさんのところで、最後の最後で抜かれてしまいましたけれども、のちに一緒に泳いだリレー・メンバーの方々からもリーダーN田さんやバイリンギャルI塚さんやほかの皆さんからも、
「よく粘ってたよ!見せ場があったよ!」
と言ってもらえたので、それがとても救いでした。

ありがとうございます。……すみません。


そんなこんなの、なかなかスリルとサスペンスに満ちた水泳大会でした。

画像




え?

私? 私に関してのことですか?

それについては、また今度、書ければ書きます(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンク 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
1st Chiba Challenge Cup まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる