まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】

アクセスカウンタ

zoom RSS 同タイム決着

<<   作成日時 : 2014/06/18 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

そういうわけで、『東京都某区民水泳大会』(6月15日・日曜日)での話、その第2弾です。

画像


今回、我々のチームから二人の新鋭がこの水泳大会で華々しくデビュー戦を飾りました。

一人は元ラガーマンのKINさん、そしてもう一人はこの東京都某区で幼少期を過ごしたというサンヨーさんであります。

二人とも水泳大会が初めてだということでしたので、もちろん飛び込みスタートでの競技も初めての経験になります。
ゆえに事前にスタート練習を習志野の千葉国プールで練習すべく私は誘ったのですが、あいにくサンヨーさんとはスケジュールの都合がどうしても合わずにこの日を迎えました。

ですので、サンヨーさんはスタートで後手を踏んでしまいましたが、「25m平泳ぎ」はなかなかのタイムでありました。
私個人の頭の中では「平泳ぎは1mにつき1秒で泳げれば速いほうである」という勝手な線引きがありまして、つまり“25m平泳ぎなら25秒以内で、50m平泳ぎなら50秒以内で”泳げれば「平泳ぎが巧い!」と私は思っています。
(私はそのようなタイムで平泳ぎを泳げません!)

サンヨーさんは「25m平泳ぎ」を(しかもデビュー戦でありながら)そのタイム内で泳ぎきったので私は感心しました。
これで、スタートを練習すれば、もっと速いタイムが出ます。
今後が興味津々です。

KINさんは、バタフライが好きなようです。
25m自由形と、もう一つの種目に迷いなく「25mバタフライ」をエントリーしました。
頭から突っ込むというラガーマンの習性を活かして(?)、バタフライしてました。
デビュー戦でありながら私とそう差のないタイムで泳ぎました。
そのうちに、きっと近いうちに私はKINさんに追い抜かれそうです(笑)

KINさんも、サンヨーさんも、デビュー戦どうもお疲れ様でした。


この大会において、我がチームの中で今回一番活躍が目立ったのはRドンさんではないでしょうか。

Rドンさんは「25m自由形」と「25m背泳ぎ」と「25m平泳ぎ」の3種目にエントリーしました。
3種目泳いで3つとも表彰状を獲得されました。
(グッドファーザーI澤さんも3種目出場されましたが、I澤さんについてのエピソードは次回に譲ります(笑))

Rドンさん、クロールがとても速くなったなぁという印象を受けました。
なんか一気に速くなったような気がする(笑) なんかビックリしました!
平泳ぎに関しては、これはもうRドンさんの得意分野でありまして、今回もダントツの1位でありました。
「すごいなぁ!」と私らは思いましたが、Rドンさんご本人的には「目標タイムまではまだまだですねぇ」というようなことを話していましたから何とも頼もしいです。

Rドンさん、3種目出場3種目表彰どうもおめでとうございます!
普段の練習・研究熱心さの賜物ですね。


久しぶりに、実に久しぶりに、カミさんが水泳大会に戻ってきました。
今回は、“様子見”ということで「25mバタフライ」1種目のみのエントリーでした。

飛び込みスタートの衝撃で手術したお腹が炸裂してしまいはしないか、一部でそう心配された声が聞かれましたが、お蔭様でそれは大丈夫でした(笑)

ただ泳ぎが何だかヘンテコでした。

自分の身内のことを言うのも何なのですけど、スポーツクラブのプールで普段練習している時のバタフライでは結構イイ感じで泳げていると思うのですが、今回は両足を開いてキックしてましたし、両腕の伸ばし方もちょっとヘンテコでした。

「どうしたん? 心・技・体、バラバラだったじゃんか!」

私はカミさんにそう言いましたが、25mバタフライ、カミさんのほうが私より速いタイムで泳ぎました(笑)

カミさんは年齢区分で第2位でしたので表彰状を戴きました。


さて。

唐突ですが、下の画像は競馬のG1レース『第71回 優駿牝馬(オークス)』(2010年5月23日)の決勝ゴールにおいてのものです。

画像


競馬では同着ゴールの決着というのは、そう珍しいものではありません。ちょくちょくあります。
ただ、G1級の大きなレース、しかもクラシック・レースともなれば、そう滅多に見られるものでありません。
可能な限り写真を拡大して、どちらか一方が1着優勝になるように最大限の判定を試みます。

この時のレースでは、長い長い写真判定の末、ついには「同着」の、つまり「2頭同時優勝」というクラシック史上初の大珍事快挙となりました。

私は思わずこの時のことを思い出してしまいました。

チーム・Fッキーの総裁・まるきみさんと、そしてN村さんのこのお二人。

今回のこの水泳大会でもの凄いデッドヒートを演じました!(笑)

お二人とも凄く速いです!


この日は、私が「結果速報掲示板」を見ているときに係りの人が新しい出来立ての速報を張り出しにくるということが多かったです。

「25m自由形」の速報結果が張り出されたのを見たら、(先ずは自分のを確認したのですが)ちょっと驚きました。
まるきみさんとN村さんは、ほんの僅かの百分の1秒差(00.01秒差)でした。
最後の一桁だけが1つ違う“超弩級僅差”です!(笑)


私はとてもおもしろかったので、まるきみさんとN村さんのところへ報告に行きました。

お互いにだいたい近いタイムで泳いだであろうという予測だけは感じていたお二人は、
「百分の1秒差!」と大笑いしておられました。

おもしろかった。

こりゃ、次の「25mバタフライ」も楽しみです(笑)


やがて。


私はトイレに行きたくなったので、プールサイドの通路を(ちょっと急ぎ足で)歩いていたら、ちょうどその時に新しい出来立てほやほやの結果速報を係りのお兄さんが張り出しに来てました。
(係りのお兄さんは用紙を右手に1枚、左手に1枚それぞれ持って、そして口にも1枚くわえて歩いてきていたので、その姿に私は少し笑えた。)

先ほど終わった「25mバタフライ」の結果速報が張り出されました。

もうね、私ゃ興味津々です。
トイレに行くのは、あと回しです(笑)

私は、自分のタイムを確認すると直ぐにまるきみさんとN村さんのそれぞれの結果を見ました!

爆笑しました!!

お二人とも、まっっっっっっっっっったくの同タイムでしたぁ!(笑)

今度は百分の1秒さえも違わない、最後の桁までぴっっったしの、完全無欠の同タイムでした。


わはははーーーッ!(笑)


私はもう、おもしろくって、おかしくって、興奮を抑えきれずに、たまらずお二人のところへ報告しに行きました。

「今度は、お二人、完全ぴったしの同タイムでしたよ! 同着です!」

よく考えたらお二人は別々の組で泳いでいるので“同着”っていう言い方もヘンですが。

「えっ! ホントにっ!?」

三人でげらげら笑いました。

「今度はまったくの同タイムだったの!?」

わああ、こういう事ってあるんですねえ。おもしろいですねえ。

あ、いやいや、お二人の神聖なる真剣な対決(?)を「おもしろい」って言ってしまっては大変失礼なことなんですけれども、とてもおもしろかったです!

興味津々で見守っていたレースが、“同着”で決してしまうという、この大いなる奇跡。

いや〜、珍しい。滅多に見られるものではありません。

まぁ、世間では(自分の知らない人たちの)同タイムっていうのはよくある話なんですけれども、事前にワクワクするほど興味深く結果を見守っていたそのレースが全くの同タイムになってしまったのですから、私のコーフン度はそりゃもう最高潮です。

わあぁ、こういう事ってホントに起こってしまうんだなぁ。

珍しいなあ。

おもしろい。なんとも、おもしろい。

お二人と話が終わったあとも私は独りでそう呟きながら自分のチームの待機所へ戻りました。


いやあ、ホントおもしろいなあ。


あれ? あ、そーだ、トイレに行くのであった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まこっちゃん

不思議で可笑しくて楽しくて、まこっちゃんからの定期急便に驚かされっぱなしの大会でした(笑)。偶然にしても出来すぎたレースでしたね。2レース合せて0.01秒差でしたが、来年は差がないかもしれませんね。

まこっちゃんのリレーでのPB、おめでとうごさいます。スプリントでのPBは、中々出せないスイマーが多い中でのPBは、素晴らしいですよ。
まるきみ
2014/06/19 08:17
まるきみさん

大会どうもお疲れ様でした。

どうもありがとうございます。
私は個人競技が2つともダメだったので、リレーでもタイムを期待できず自信がなかったのですが、自分としては良いタイムが出たので超嬉しかったです。

まるきみさんとN村さんの「2レース合わせて0.01秒」には人類の奇跡を感じました(笑)とても感動的でした。
こういう事がありますから、水泳大会はすごく楽しいです!(^O^)/
まるきみさんに報告する時、私は同じ会場に居たどのチビッコたちよりも負けじとはしゃぎ回っていたのではないかと思います(^^♪
まこっちゃん
2014/06/19 18:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンク 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
同タイム決着 まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる