まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】

アクセスカウンタ

zoom RSS Sミッチーの復帰(嬉)!

<<   作成日時 : 2014/05/28 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ざんばら髪の「さっくん先生」の『パワーアップスイムトレーニング』(60分間)を終えて、「あ〜、疲れた」と帰宅して、水着やタオルを干している時に、ふと、気づきました。


んっ!?


さっきのスイムトレーニングに、Sミッチーが参加してたよなぁ!?


独り言のように、だがしかし、カミさんに尋ねるように私がそうつぶやきますと、カミさんは、
「うん、Sミッチー居たよ」と答えました。

「最初から、最後まで、ずっと参加してたよね?」

「うん、ずっと泳いでたよ」


おおっ!


おおっーーーーッ!!


なんと、これは、めでたい!!


あまりにもフツーに、何気なく本当にフツー過ぎるくらいフツーに、さり気なく、Sミッチーが淡々(坦々?)と泳いでトレーニングが終わったので、私はすっかりフツーに普段どおりに過ごしてしまいました。


「あぁ、なんてこった! Sミッチーに、“復活、おめでとうございます!”って言わなかったよ!」


ありゃりゃりゃ〜、めでたい事であったのに。


そう。


我が水泳チームの先輩・Sミッチーは、昨年の秋くらいから右肩の故障により、ずっと水泳から遠ざかっておられたんです。

思い切って手術に臨んだあと、今度はリハビリ訓練の毎日が続いていました。

昨年末から今年初めのうちはスポーツクラブに来ることさえもお休みで、やっと来られるようになってもプールでの水中歩行運動とお風呂だけという日々が続き、我々ともなかなか会えない状況でした。

ようやく少し泳げるようになりましたが、それでも片手クロールでした。

そして、ようやく何とか両手で(それでもゆっくりと)泳げるようになりました。

まだまだ本調子でないので、“慣らし運転”ということで、「前半だけの参加でもよい」ということでスイムレッスンの先生の許可も得て、だんだんと復帰への道を着々と歩んできました。


この間の、Sミッチーの懸命なリハビリの道程は並々ならぬものでは決してありませんでしたでしょう。

最初の頃は、「本当に肩は治るのかな?」という不安もきっとあったでしょうし、水泳が大好きなSミッチーのことです。泳げなくてジレったい日々をずっと過ごしてきたと思います。

何よりリハビリ訓練は、かなり相当の忍耐力と持続力が必要です。

本当にタイヘンだったと想像しますし、まだ、これからも完全本調子に向けてそれは続きます。


Sミッチーが、1時間フルタイムのスイム・トレーニングを泳ぎ通した!!


Sミッチーは、努力の人であった!!


私はこれまで、Sミッチーが肩の故障により水泳から距離を置いていたことをこのブログには敢えて書かずにきました。

Sミッチーが水泳トレーニングに復帰したら、その暁には“めでたい話題”として書こうと思っていました。

これで書けます!!


いやぁ〜、こりゃあ、実にめでたい!!


Sミッチーには、まだ、まだ、あまり無理をしないで、ゆっくりと今度は(来年になってもよいので)水泳大会・試合に向けて、自分の肩と相談しながら水泳を楽しんでもらえたらなぁと思います。


昨晩は、私は本来“休肝日”でありましたが、特別にSミッチーの復帰を祝して飲みました。

画像


もちろん、『金麦』です(笑)

ちゃんとブログで宣言しましたとおりに、『金麦』(旧来の藍色の缶のもの)に帰って来ました。

檀れいさんの元に戻ってきました(笑)

檀れいさんに戻ってきたということは、これすなわち、ミッチーにも義理がたちます(笑)

あ、この場合にいうミッチーとは個性派俳優・歌手の及川光博さんのことであり、決して我が水泳チームの先輩・Sミッチーとは何ら……。

ええぇーい! 今日はとても気持ちよく酔っているので、そんなことはどーでもよろしい!(笑、笑)


Sミッチー、水泳トレーニング復帰、おめでとうございます!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の娘(中2)も4月上旬より右肩の痛み等で戦線離脱してます。
選手コースで、スタイルは平泳ぎです。
先月の連休明けからようやくドクターストップ解除になり少しずつ泳ぎ始めて、週1〜2回のリハビリ通いです。
まだ全然本調子ではなく、大会もエントリー数減らしての出場。
来月は中体連を初めとした大きな大会が3つ続きますが、全く話にならないでしょう(笑)。
そうこうしているうちに、どんどん同僚に差をつけられ、水泳の事であまり涙を見せない娘も、先日ついに悔しくて不安で歯がゆくて泣きました。
Sミッチーさんのお話、勇気づけられました!
娘も必ず完全復帰できると信じて、私も応援して行きます!

ありがとうございました!
はじめまして!
2014/06/07 06:37
はじめまして!さん

こんにちは。
コメントいただき、どうもありがとうございます。

現在肩を痛めておられる娘さんご自身もたいへん不安と焦りで悩み苦しんでおられるかと思いますが、それを見ている親御さんもさぞやとてもお辛いでしょうね。心中お察しいたします。

私は少年時代に剣道をやっていたのですが右足をケガしてしまい辞めてしまいました。
今でも悔やんでいます。
何を悔やんでいるかというとリハビリ訓練を怠って真面目に行わなかった事です。
心の中で「どうせこのまま剣道を続けていても他の友人達に勝てることはないだろう」と思っていたのが正直な気持ちです。
あの時に先ずはちゃんとリハビリ訓練をやって、またイチから練習し直して、その上で同僚たちにこてんぱんに負かされてしまったほうがよっぽどスッキリしていたと思います。

私はあの時、挑戦することから逃げてしまいました。リハビリ訓練を疎かにしていた事を今でも後悔しています。

「ケガをしている時は辛いけど、実はその時が自分を見つめなおす最大のチャンスである!」
いろんなジャンルで活躍するいろんな有名なアスリートの方々が声を揃えるようにして、そう語っておられますね。

ケガをしている箇所以外のところを鍛えたり、体幹(コア)トレーニングしたり、精神力を強くする訓練したり、やれることはたくさんある!…とケガから復活したアスリートの方々が(一段と大きく逞しくなって)そう語っておられます。

辛くて苦しい状況の中、それでも水泳を続けておられる娘さんをどうか褒めてあげてください。

あぁ、つい尊敬している増田明美さんの語り口調を真似してしまいました(笑)
どうも失礼しました。
まこっちゃん
2014/06/09 07:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンク 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
Sミッチーの復帰(嬉)! まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる