まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】

アクセスカウンタ

zoom RSS もう少し配慮があってよいと思うのだが…(苦笑)

<<   作成日時 : 2014/03/31 12:00   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

3月も今日で終わりの、すなわち年度末の日でありますが、今回はちょっと気になった事を書かせていただきます。


先週の金曜日の夜は『世界フィギュアスケート選手権』の男子フリーが行われました。

私も試合の成り行きがちょっと気にはなっていたのですが、毎週恒例の『金曜日のスイムトレーニング』の日でもありましたのでスポーツクラブに行きました。

スイムトレーニングを終えてお風呂に入り、そして帰宅するべくラウンジに居りましたところ、一人のおっさん会員もこちらにやって来て、
「やあ、やあ、羽生クンが逆転優勝したんだってねえ! やったねえ!」
と、たいそう喜んでフロント係スタッフの2名の女の子たちにそう言ったのでした。

そうしたら、そのフロント係スタッフの2名の女の子たちもたいそう喜んで、
「わあっ!ほんとですか! 良かったですねえ! 羽生クンが優勝したんですねえ!」
と答えたのです。


ん?


そういうのって、どうよ?


こーゆーところで、そーゆーのって、アリなん!?


・・・・・・って、私はちょっと気になってしまったのです。


羽生結弦選手の逆転優勝だということは、それはすなわちショート・プログラム(SP)で1位だった町田樹選手が順位を落として優勝できなかったことを意味するのだ。

私のほかにもラウンジには何名かの会員さんが居たのだが、「この中には、ひょっとしたら町田選手のファンがいるかもしれない」ということをこのオッサンもフロント係の女の子たちも少しは考えたり想像したりはしないのであろうか?

町田選手、偉かったんですから。SPで堂々の1位だったんですから。
あぁたがたは、その町田選手が優勝できなかったことが、そんなに喜ばしいのですか?

いや、何も我々が日本人だからって日本人選手を応援してるとも限らんぞ。

もし、この俺がハビエル・フェルナンデスさん(スペイン)の大ファンだったとしたら・・・。


「1位が羽生クンで、2位が町田、3位が何とかというSPで2位だった外人だったんだって」
と、そのおっさんはご丁寧にも順番までをもそう報告していたのでありました。

あぁ〜、(私の応援していた)小塚崇彦選手もジェレミー・アボットさん(アメリカ)も、メダルには手が届かなかったのか。もしかしたら、と期待していたのだが……と、私はガックシ肩を落としたのでありました。


こーゆーふーに、ある特定の選手(あるいはチーム)が優勝したことを喜ぶ人たちがいるその一方、その陰でひっそりと敗者のほうを応援している側の人間はその哀しみ悔しさ無念さに耐えねばなりません。

今回の件はスポーツの話でありますが、実はこういう事はたまにあって、特に深刻なケースだってこれまでにもあったのです。

サウナの中で、何名かのおっさん達がある特定の職業の悪口を言い合っていたりした時には私はゾッッとしました。

もし、私がその職業に就いている人間だったとしたなら…。

今、自分たちの目の前にいるその誰かが、もしかしたら実は悪口の対象になっている可能性もなきにしもあらず、ということを少しも考えたり想像したりはしないのであろうか?

こういうのって、ほんとトラブルの素になったりするので危なっかしいのです。


まぁ、とにかく、「羽生クンの逆転優勝だぁ! バンザーイ!」、ま、バンザーイとは言ってませんでしたが、私は、そのオッサンもさることながら、公共の場で働くスタッフの女性たちの気遣いの無さ・配慮の無さがとても気になりました。

今度からは、ひっそりと自分の心の中だけで静かに喜んでください。


まぁ、そういうわけで昨日は私はスポーツクラブに行きませんでした。

昨日は、私の好きなジージョ子先生の『アクアヌードル』のレッスンがある日でしたので、私は是非ともそれに参加したかったのですが…。

きっと、そのレッスンの前後の時間は、どーせ、「真央ちゃん! 真央ちゃん!」と特におばちゃん連中が超うるさいのだろう、と予測しましたので私はレッスンを回避することにしました。

前日の試合で現役選手を引退してしまう鈴木明子選手のことも、これから日本女子のフィギュアスケート界の未来を背負ってゆかねばならぬプレッシャーと闘っていく村上佳菜子選手のことも、少しも讃えられることなく話題にも載せてくれないのであろうなぁ…。

羽生結弦選手も、それから浅田真央選手も、とても素晴らしい、我が国・日本が誇る大スター・大天才選手でありますけれども……、あまりにもほかの選手がないがしろに無視され過ぎです。

こよなくフィギュアスケートを愛し続けてきた私はそういう状況に追い込まれるのはまっぴらごめんでしたので、レッスンさぼりました。
ジージョ子先生、ごめんなさい。
(本当は、明け方までNHKテレビの『生さだ』観ていて寝不足で、天候もすこぶる悪かったので行く気が失せていたのですが(笑))


あぁ、昔はよかったなぁ。


あれは何年か前の話になりますが、やはり『金曜日のスイムトレーニング』がありましたので、私は大ファンであります安藤美姫さんの試合をテレビで観戦することができなかったときがありました。

私はとてもとても試合結果が気になっていたのですが、トレーニング後にその当事に水泳コーチだった丸ちゃんが私のことをラウンジで待っていてくれて、
「安藤選手が1位でしたよ!」と、そっと教えてくれました。

安藤選手には、というよりフィギュアスケートという競技にはあまり関心を示さない丸ちゃんが、わざわざ私のことを待っていてくれて、少しでも早く私のことを喜ばせようと(安心させようと)私に報告してくれたんですね。

もしも、安藤選手が1位ではなく、あまり良くない成績だったのなら、丸ちゃんは私に何も耳に入れることなく、ひっそりと(いつものように)スタッフ・ルームに身をかくしたままであったでありましょう。
丸ちゃんはそういう優しい男です。

そして、ラウンジの周りには安藤選手ではないほかの選手を応援している会員さんのことも配慮して、そのほかの人たちには聞こえないように私にだけそっと囁いて教えてくれたことに丸ちゃんの心遣いを感じました。


まあ、たぶん、この度のフロント係の女性たちも単にそのオッサンに話を合わせてあげただけの、サービス精神から来た上での会話であったことでありましょう。
そう思います。


それでは、また。 テイク・ケアー! シー・ユー・アゲン! チャオ、チャオね!


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンク 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
もう少し配慮があってよいと思うのだが…(苦笑) まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる