まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】

アクセスカウンタ

zoom RSS 結成40周年!

<<   作成日時 : 2013/10/02 09:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

永遠の青年ロックンローラーでありますtsugutoyoさんに教えてもらった情報です。


甲斐バンドの結成40周年を記念して、来春アルバムが発売されるそうです。

2014年、甲斐バンドは結成40周年を迎えます。その記念企画として、
ファン投票によって収録曲を選曲する、セルフカヴァーベストアルバム第2弾の発売が決定しました!
甲斐バンドの楽曲の中から、“あなたの好きな曲”を3曲選んで投票!
あなたの選んだ曲が2 014年春発売予定ニューアルバムに収録されるかもしれません!
応募要項をご確認のうえ、奮ってご投票ください。
 

下記URL「甲斐バンド4 0周年記念特設ページ」に掲示されている候補楽曲の中から、“ 好きな曲1位〜3 位”の全3曲を選び投票してください。

●投票期間: 2013年10月15日(木)23:59まで

http://ivy-records.jp/kai40th/



甲斐バンドは私も大好きなロック・バンドでありまして、昔からよく聴いていました。

甲斐よしひろさんの、あの独特の声がとってもイイです! しびれます!

画像



九州の福岡市・博多に『照和』というライヴ喫茶がありまして、1970年代・80年代には、そこから続々と有名なミュージシャンが全国区へと巣立ってゆきました。

“『照和』のステージに立つ”ということは、プロのミュージシャンを目指す九州の若者にとっては大きな目標であり、それが叶うということはとても大いなる名誉であったのです。

チューリップ、井上陽水さん、甲斐バンド、海援隊、シーナ&ザ・ロケッツ、THE MODS、石橋凌さんのARB、長渕剛さん、永井龍雲さん、陣内孝則さんのザ・ロッカーズ……等々、実に錚々たる超一流のミュージシャンの方々が、この伝説のライヴ喫茶『照和』の出身です。


私は「甲斐バンド」の曲で好きなものが、た〜くさんありますので、どれが一番好きか?って訊かれると、とっても迷ってしまうんですけど、究極のところ『翼あるもの』という曲になりますかね。
(カラオケでもよく歌います(笑))

でも、この曲は前回のセルフカヴァーベストアルバムに収録されているそうです。

今回は、紹介のホームページにもありますように候補曲一覧の中から選ぶようになっております。

どの曲もステキな曲ばかりで迷ってしまいます。

3曲選ぶとしたら……う〜ん、迷ってしまうなぁ。

やはり、『最後の夜汽車』は、ハズせませんね〜。


それにしても、結成「40年」ですか。


甲斐バンドのデビュー曲『バス通り』、とても懐かしいです。



少年だった私も、すっかり歳取ってしまいました(笑)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まこっちゃん、ごぶさたしています。

僕が甲斐バンドを聞き始めた時代は、バンド経済が頂点に向かおうとしていた時期。

甲斐バンドもジャパン・マネーの底力をバックに、ローリング・ストーンズや、ロキシー・ミュージック系世界中のトップ・アーティストを手掛けている世界一のエンジニア/ボブ・クリアマウンテンに、アルバムのミックス・ダウンを依頼していました。(TORIKO〜GOLD〜ラヴ・マイナス・ゼロ)

この時代の音は、とにかくカッコいいです。


さて、二十歳の頃、運良く東芝EMIでアルバイトをさせていただきました。

後にオリジナル・ラヴを結成する木原龍太郎さん、

一度歌手デビューした後、衆議院議員になった「生活の党」の青木愛さんも、アルバイトされていました。

当時、甲斐バンドが解散したばかりで、甲斐よしひろさんがソロ・デビューした頃。

何度か東芝EMIのロビーで拝見しました。

業界の方々と話していても非常に礼儀正しく、最後は最敬礼までするという徹底ぶりでした。

なのに、スタッフには非常に評判が悪い。

ある時、以前アルファレコードでYMOを担当され、東芝に移ったプロモーターの方に、甲斐さんについて聞いたのですが…

「ミュージシャンには誰にでもいい時期がある。矢沢永吉は若い頃は、スタッフを殴ってたりしてたんだと思う。でも、彼はその時、学んだんだ。その時、学ぶ人と学ばなかった人では、この後のことは全然違うよ」と言っていました。

それって甲斐さん?と聞きそうになりましたが止めました。

甲斐さんの名誉の為に言えば、仕事に対して妥協しない、ファンや媒体には親切で、スタッフには厳しい注文をする人なのでしょう。

僕はそれを含めて、甲斐さんが大好きでしたね。

tsugutoyo
2013/10/02 17:04
tsugutoyoさん

こんにちは。どうもお疲れ様です。
こちらこそ、ご無沙汰しております。
なかなかお会いできませんが、今度またお酒でも飲みながら色んな音楽の話を聞かせてください。

天下の東芝EMIですね。
レコード会社といえば、私はすぐに東芝EMIを思い浮かべます。
あとワーナーパイオニアとか・・・。

tsugutoyoさんは東芝EMIでいろんな経験をされたようで、お仕事タイヘンだったかもしれないけど、多くの有名なミュージシャンに
会われた(&見かけた)事は私にはとてもうらやましい限りです。
以前もRCサクセションの販売中止事件について語っていただき、そのドキュメントに私はドキドキものでした(笑)

私はロックミュージシャンに対しては勝手なイメージ(願望)を持っていて、“ファンや一般人にはぶっきらぼうな態度”で居てもらいたいと思っています(笑)
矢沢さんにしても甲斐さんにしても故・清志郎さんにしても、例えば私が「大好きです!サインしてください。握手してください」ってお願いしてもプイって無愛想な態度をとってくれる事をどこかしら願っているところもあります(笑)
ロックミュージシャンには…。
まぁ、私の勝手なイメージですけど。

甲斐バンドの『ポップコーンをほおばって』、『氷のくちびる』を昨日5回も聴いてしまいました(^^♪

まこっちゃん
2013/10/03 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンク 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
結成40周年! まこっちゃんの好奇心倶楽部 【松戸立志篇】 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる